アンダーグラウンドより

書評・ランキング・オピニオンなど幅広く発信している何でもブログ。だったけど完全なる雑記ブログになりました。

MENU

自己啓発本は本当に無駄なのか?適度な距離を保って読むことが大切だと思う

 

どうも、もぐらです。ここんとこ自己啓発本ばかり読んで若干食傷気味です。

 

気付けばノウハウを獲得するよりも啓発にハマり、啓発することが目的になってしまっていました。それに巷では「自己啓発本なんて無駄だ」とよく言われますよね。

 

そこで丁度いい機会だと思って、今回は自己啓発本は本当に無駄なのか?を考えてみたいと思います。

 

そして最初に結論を言っておくと、自己啓発本っていうのは無駄じゃないけど距離感の取り方が非常に大切になってくるジャンルの本だなというのが、最近自己啓発本ばかりを読み漁ってきた人間の率直な感想です。その理由については下記で説明していきましょう。

 

自己啓発マジックにかかる

 

まずは自己啓発本の負の側面っていうか、取り扱いを間違えたときの恐さを解説。

 

自己啓発本というのはその性質上、読んだだけで自分が偉くなった錯覚を起こしやすいという恐さを持っています。

 

書かれていることに感化されて、まるで自分が偉くなったかのように感じてしまう。それに「こんな立派なことが書かれている本を読んでいる自分って偉い」という優越感にも浸れたりするからなおさらです。

 

特に自分の軸がなく、他者との境界線があいまいな人や真面目な人ほど影響を受けやすいジャンルの本だという印象がありますね。かくいう僕も他者との境界線があいまいなところがあるので、このメカニズムにどっぷりとハマりました。

  

けどこれはまだ初期段階で、優越感が行き過ぎると今度は選民思想を抱き、頑張っていない人間が許せなくなっていきます。

 

「自分はこんなに勉強しているのに、世の中の大半の人間は現状を変える努力をしていない。怠慢だ」みたいに、意識がどんどん高くなるのです。

 

すると、次第に発言が上から目線になったり頑張っているアピールをしだしたり余計なアドバイスを他人にしだしたり、意識の高い言動が増え始めます。それでいうと僕のTwitterは最近それ系のつぶやきで汚染されているw

 

ここまでに自制出来ればいいのですが、気付かない人はいつまでも意識の高い発言を続けてしまいます。もちろん、意識が高くて目標があるということ自体はいいことなので自分の中でだけ意識を高く持っている分には構わないのですけど、それを他人に押し付け始めると周りからは疎まれてしまうか、白い目で見られてしまうでしょう。

 

じゃあ自己啓発本は、意識を無駄に高める以外の効用はないのか。

 

大切なことが書かれているには書かれている

 

ここで自己啓発本なんて読む価値はないというのは早計で、それらの本の中には為になる教えやノウハウが記されているものも多々あります。

 

また、自分1人では気づけなかった物事の捉え方だったり考え方だったりを知れたりもするので、一概に無駄とは言えない。

 

けど自己啓発本を読み重ねていくうちに気づくのは、著者によって好むやり方や価値観が違いすぎて、自分の参考にできることがほとんどないということ。

 

Aという著者が「多動力」が重要だとアドバイスしているかと思えば、Bという著者は「慎重に行動することが大切だ」とアドバイスしているし、はたまたCという著者は「何もしないこと」の素晴らしさを説いていたりする。

 

多少大袈裟かもしれませんが、こんな風に著者によってアドバイスの質が異なっていることはざらです。どの著者の方も成功者と呼ばれる人たちであることは間違いありませんが、それぞれのスタイルは千差万別であり、また置かれている環境も違ってますし運的な要素も絡んでいる。

 

だから自分がどれを参考にすればいいのかがよく分からなくなってしまう、なんてことがよく起こるわけです。

 

参考にできる自己啓発本を見つけることが大事

 

そう考えると、思っているよりも自己啓発本の効用って少ない気がしますね。例えばですけど、自己啓発本を100冊読んでも実際に自分の身になる本はあって4、5冊程度に落ち着くくらい。

 

それを分かってて自分に合ったベストなノウハウを探すのはありだと思うんですが、ただ闇雲に読み漁るとなるとあまり意味はないのかなと。

 

なので、例えば仕事術の本を読んで生産性を上げたい!という人がいるなら、とりあえず面白そう・役に立ちそうな仕事術の本をピックアップして読んでみて、書かれている方法を試し、合わなければ次も試していく、みたいなやり方をするのが1番効果が大きいのかなーなんて思います。

 

要するに「効率的に仕事を進める方法を知りたい」という目的があらかじめ見えていて、そのための手段として自己啓発本を活用するのなら全然ありなのかなと。

 

適度な距離感を保って読もう

 

ここまでをまとめると、読む際の注意点は、

 

自己啓発本の影響を受けて意識だけが高まり、実力が伴っていないなんて状態に陥らない様に気を付けながら、自分にあったノウハウを探していく。というのがこういう系の本のベストな向き合い方ということになるでしょう。

 

ただ、これはあくまで僕の考えるベストな方法ですのでその点はご理解ください。

 

あと別に読んでいる人をバカにしたいんじゃなくて、趣味で読むくらいなら何ら問題はないって話で。というか僕も自己啓発本大好きだしw