アンダーグラウンドより

書評・ランキング・オピニオンなど幅広く発信している何でもブログ。だったけど完全なる雑記ブログになりました。

MENU

メタ認知とは何か?物事を一段高い次元から眺める能力

 

最近メタ認知という概念に興味を持って、色々勉強しています。もぐらです。

 

メタ認知というと、初めて目にする方にとっては何のことだかさっぱり分からないでしょうが、もし仮にメタ認知能力を高めることが出来たのなら、人生の様々な場面で有利な選択をすることが可能になると言う事だけは、あらかじめ皆さんに言っておきましょう。

 

具体的なことは下記に譲るとして、個人的にはそんなメタ認知に非常に可能性を感じています。

 

大袈裟を承知で言えば、この能力があるかないかで人生の質が一変するんじゃないかとさえ思っているほどです。

 

とはいったものの、メタ認知は十分に研究がなされていない分野でもありますから、概念や定義がまだ完全に確立されていないわけで。

 

要は、「メタ認知とはおそらくこういうもんだろう」「この感覚をメタ認知と呼ぶのだろう」程度しか解き明かされていないので、憶測が入り込む余地があるということです。

 

だから下記からはメタ認知の解説を試みるものの、僕の解釈や見解が多分に含まれている可能性があります。その点は先に断っておきますね。

 

メタ認知とは?

 

メタ認知のメタとは一体何なのかというと、ギリシャ語の接頭語で「高次な」とか「超」という意味合いがあります。

 

接頭語とは、ある言葉(これを語基と呼ぶ)より前につく言葉のこと。ちなみに後につく言葉は接尾語。

 

日本語で言うと「お母さん」における「お」の部分であったり、「超音波」における「超」の部分のことです。

 

で、メタ認知とは、認知という言葉にギリシャ語の接頭語であるメタがつくことによって、直接的にいえば高次の認知という意味合いになります。

 

ただ、高次の認知と説明しても分かりづらい。

 

なのでもっと簡単に言うならば、認知を認知する。つまり、認知している自分を上の視点から観察することとなる。

 

・・・

 

まぁこれ以上かみ砕けないほど簡単に言ってもよく分からないのではないかと思います。僕もこれだけ聞いても全く飲み込めませんでしたしね。

 

なので、メタ認知がもっとよく分かるように下記からはもう少し突っ込んだ説明をしてみます。

 

メタ認知のメカニズム

 

メタ認知って別に珍しいものじゃなくて、普段僕らは当たり前のように使ってる能力です。

 

日常的なことで言うと例えば、誰かと話をする時に「これを言ったら相手は怒るだろう」とか、「こう言えば相手に伝わりやすいかな」みたいに、自分の中で言葉を選んで相手とコミュニケーションを図っていると思いますが、この、相手はどう思うか自分の中で予測してコミュケーションを取るっていう方法はメタ認知です。

 

こういうとヤバい。という認知をさらに認知して最善の方法を取っていく。

 

それがメタ認知といわれるもので、誰しもが普段何気ない場面で使っています。

 

で、そのメタ認知におけるメカニズムを大きく分けると、3つあるとされています。

 

1.メタ認知的知識

 

まず1つは、メタ認知的知識といわれるもの。

 

これは、自分が持っている認知についての事実、信念、エピソードなどのことです。

 

例えば、「何事も質より量が大事」という信念をある人が持っていた場合は、この人は全ての認知に対して「質より量が大事」というメタ認知的知識を持っていると言えるでしょう。

 

もちろん、すべての場面でそれが当てはまるかは疑問が残るところですが、とりあえずメタ認知的知識とは個人個人が持つ認知に関連する知識のことです。

 

2.メタ認知的モニタリング

 

で、2つ目はメタ認知的モニタリングと言われるもの。

 

メタ認知的モニタリングは、認知活動における進捗状況や現在の状態を評価すること。

 

超簡単に言いますけど、メタ認知的モニタリングとは認知している状況を自覚することだと思ってください。

 

「ああ今自分は○○を○○と認識しているな。今こういう状況にあるな」と自分が自分で分かっている状態です。

 

例えば、テーブルの端に何か飲み物が置かれていて、そこにいる人が「あそこに飲み物があるともしかしたらこぼれてしまう可能性がある」と認知しつつもそのまま作業を続けていたとします。

 

しかし、その人は作業に没頭してそのことを忘れてしまい、飲み物をこぼす。で、「ああやっぱりこぼしてしまった」とその人は後悔してしまう。

 

その時の「こぼれそう」という気づきと「こぼしてしまった」という自分の中での後悔は、メタ認知的モニタリングと呼ばれるものです。

 

メタ認知的モニタリングはメタ認知の根幹をなす要素。ここでバイアスがかかってしまうと、行為自体の方向性にまで影響が及び最終的に行動目標の達成は難しくなってしまうでしょう。

 

そして、メタ認知的モニタリングが正確であるほど、最終的な行動の質は高くなります。自分の中でモニタリングを正確に行うことで、それを現実世界にうまく活かすことが出来るのです。

 

3.メタ認知的コントロール

 

3つ目はメタ認知的コントロールと呼ばれるものです。

 

メタ認知的コントロールは、進行中の認知活動を調整すること。認知活動を中断したり、続行したりするという判断における部分のこと。

 

先ほどの例を使ってメタ認知的コントールをしていくなら、飲み物が「こぼれそう」と認知した段階で、作業を中断するか、飲み物の位置を変えるかなどして、メタ認知的コントロールをしてやれば飲み物がこぼれることもこぼして後悔することもなかったわけです。

 

要は、メタ認知的モニタリングで認知した事象をメタ認知的にコントロールしていくことで、最良の結果を得られるのです。

 

メカニズムの流れ

 

上記で説明したように、メタ認知のメカニズムは何となくでも分かって頂けたと思います。

 

次はそのメカニズムがどのように働いていくのかについて説明してみましょう。

 

とりあえず何でもいいんですけど、対象となるものがあるとします。

 

じゃあ、学習を例にして。

 

学習(対象)をするときの最終的な目的と言えば、学んだことを自分の血肉にするということだと思います。

 

で、学んだことを自らの血肉にするためにメタ認知を用いるとしましょう。

 

その時どうすればいいかって話ですが、まずは先ほど説明したメタ認知的モニタリングをすることから始めます。

 

メタ認知的モニタリング

 

・今自分はどの程度の知識を有していて、どこからどこまでを知らないのか

 

・何のためにこの学習をしているのか

 

・学習が効率よく進んでいるか

 

・学習内容を正確に理解しているか

 

みたいな部分を自身でモニタリングする。

 

で、モニタリングした結果を元に、次はメタ認知的コントロールを施します。

 

メタ認知的コントロール

 

・自分はここからここまでしか知らないからこの分野を徹底的に勉強してみよう

 

・自分は○○をしたいと思っているから、この学習は効果的だ。続行しよう

 

・学習効率にムラがあるので、ムラをなくす学習法を身につける必要がある

 

・学習内容は今のところ理解できているので問題なし

 

という風に、モニタリングしてみて改善点がある場合はそれをコントロールしていくというのがメタ認知の大まかな流れとなります。

 

まぁ基本的にはこの流れなんですが、コントロールして終わりというわけではなくて、コントロールした結果をさらにモニタリングして、そのモニタリング結果をさらにコントロールして・・・という感じでメタ認知していくと、学習の精度はより上がり、学んだことを効率的に自らの血肉にしていくことが可能になる。

 

これがメタ認知の流れです。

 

図にするとこんな感じ↓

f:id:under-mogura:20180418012807j:plain

 

超簡単に書くとこうなる。

 

で、さらにイメージしやすいように、「メタ認知 基礎と応用」という本に書いてあった例を拝借、個人的に編成した上で説明してみます。

 

まず友達から電話がかかってきた場面を思い浮かべて下さい。

 

この例では、あなたは言わばメタ認知する自分であり、友人は対象となるものです。

 

学習の例で言うと、あなたが学習を効率よく進める上の次元に立つ人。友人が学習そのものです。

 

で、あなたの目標は友人のメッセージを正確に理解することにあります。

 

友人は見たばかりの映画の感想を言いたくて、あなたに電話をかけてきました。

 

あなた「もしもし。どうしたの?」

 

友人「今さ、すごい作品を観終わったところなんだよね」

 

あなた(メタ認知的視点:作品?本?映画?ドラマ?何の作品か分からないな)

 

あなた「何の作品なの?本?」

 

友人「映画!今劇場にいるところでさ、とにかく最高だわ」

 

あなた(メタ認知的視点:興奮しているのは分かったwとりあえず何が良かったのか聞いてみないと話が見えてこないな。ジャンルを聞いてみよう)

 

あなた「へえ、ジャンルは何?どこが面白かったの?」

 

友人「○○っていうアクション映画。ストーリーが良かった。お前も見てみろよ。最高だぜ!」

 

あなた(メタ認知的視点:言いたいことは分かった。じゃあとりあえず暇な時にでも見てみるか)

 

あなた「分かった。とりあえず暇な時にでも見てみるよ。じゃあ」

 

友人「じゃあな」

 

こんな感じw

 

めちゃくちゃ適当ですけど、何となく分かってもらえたのではないでしょうか。

 

要は、対象をモニタリングしたりコントロールしてやることで目標を実現しやすくなるということです。

 

そして、このメカニズムを踏むことで物事の精度を上げていくという考え方がメタ認知です。

 

あとついでに言っとくと、メタ認知は思考を深めるアプローチの一つとしても十分機能します。

 

思考を深めるアプローチというのは色々あって、批判的に物事を見つめていくアプローチ法だったり、フレームワークを用いたアプローチ法だったりがあるのですが、このメタ認知も思考を深めてくれる役割を十分に果たしてくれるでしょう。

 

僕も元々は思考を深めたい!と思って色々探していたところ見つけたのがこのメタ認知でしたし。

 

まぁ参考までに。

 

なぜメタ認知が必要なのか?

 

上記ではメタ認知の基本的なシステムについて説明してきました。僕の説明が下手過ぎなければ、おそらくメタ認知とは何かっていうことは皆さんにご理解頂けたと勝手に思ってます。

 

そのていで話を進めつつ、では次になぜメタ認知能力が必要なのか考えてみたいと思います。

 

1、メタ認知は人の思考や行動の質に影響を及ぼす

 

メタ認知は人の思考や行動に大きな影響を及ぼします。メタ認知能力を高めれば、それに比例して自身の思考や行動の質も高くなるからです。

 

その中でも最大の効果を発揮するのはやはり学習分野でしょう。

 

学習面ではメタ認知のモニタリングとコントロールを効率よく活かせるし、経過までの反応も早い。総じて知識を効果的に獲得しやすいです。

 

また学習分野に留まらず、メタ認知は日常生活のあらゆる面でも役に立ちます。

 

例えば、コミュニケーションにおいても相手の意図していることを正確に理解し、コントロールした上で返すという風にすれば円滑な人間関係を築きやすくなるでしょう。

 

ちなみに、日常とは少しかけ離れますが犯罪の目撃証言においてもこの能力の必要性が叫ばれています。

 

目撃証言とは目撃者の記憶に大きく依存してる部分があって、その証言が思い込みから来ているのか、正確に認知したうえで発せられているのか区別の付けようがない。

 

「自分は確かに見たんだ!」と100%の自信をその人が持っていたとしても、発言者が無意識的に記憶を改ざんしている場合や、単なる思い違いの可能性は捨てきれない。

 

そんな中でメタ認知は俯瞰で自分を見ることですから、より客観的な記憶なり証言を得られるわけです。

 

それでも100%正しいとは言い切れませんが、メタ認知能力があった方がより100%に近い証言を得られることは間違いない。

 

そういった部分でもメタ認知の注目度は高いと言えます。

 

2.問題解決能力が上がり、適切な対処が取りやすくなる

 

メタ認知は人生で起きる様々な諸問題を解決するのにも役立つ能力です。

 

メタ認知を使えば、何か問題が起きた場合の解決策を客観的に選択したり、コントロールしたり出来るからです。

 

言い換えればメタ認知能力が高い人は問題解決能力が高いといえます。

 

反対にメタ認知能力が低い人は、問題が起きてしまったことに対して感情的になって、どうやって解決するのかまで頭が回っていかないでしょう。

 

それどころか責任を他者のせいにしたり、怒りでその問題自体をなかったことにしようとするなど、事態を余計悪化させてしまうかもしれません。

 

メタ認知が出来るか出来ないかで、何か問題が起きた時の対処の仕方は大きく変わってくるのです。

 

 3.自己中心性をなくせる

 

自己中心性はメタ認知を高めることで低くなると言われています。それで言うと恥ずかしい話、自分自身にも心当たりのあることだったりします。

 

僕も2~3年前くらいまでは、自分でもアホかよって思うくらい自己中心性が高めでした。

 

当時の僕の基本的な思考回路としては、「自分の感じているもの、見ているものは他人も同じように感じたり見たりしているはず」と考えていたり、極端なことを言うと「世界は自分を中心に回っている。だから自分の思い通りにしてもいいだろう」とまで考えている節がありました(苦笑)

 

今でも若干そういう考え方をしてしまう場面はあるのですが、2~3年前と比べるとだいぶマシになってきた気がします。

 

それはメタ認知という概念を知ったからでもあり、ブログで文章を書いたり、本を読んだりしているからっていうのもデカいと思ってます。

 

それらを通して客観的になることの大切さを学んだ僕は、以前の僕よりはるかに自己中心性が薄くなったと実感してて。

 

で、昔の僕のように自分勝手でしょうがないという方は、メタ認知能力を高めればこの自己中心性はぐっと減ります。

 

それは何回も言っている通り、モニタリングの段階で自意識を超越する必要があるから。

 

メタ認知は、自分という意識をとりあえず横に置いて、次元の違う視点から対象を見なければいけない。

 

そして、違う視点に立つという行為を繰り返していくことで、自己中心的な物の見方をしなくなるわけです。

 

なので、裏を返せば自己中心的な人はこの視点から脱却できていない人と言えるでしょう。自意識に囚われて視野が狭いということです。まぁどちらがいいとは言えませんけど、自意識に雁字搦めになったままだと単純に疲れますからね。

 

楽をしたいなら是非、自意識からの脱却を試みてください。

 

キャラクターに例えてみると面白い

 

ここまでメタ認知のメカニズムや必要性を解説してきました。次はメタ認知能力の高い人・低い人とはどんな人なのか?実際にキャラクターに例えて説明してみましょう。

 

ちなみに、完全に独断と偏見で選んでますし、半分遊びみたいなものです。

 

メタ認知能力の低いキャラ

 

・あたしンちのお母さん

 

あたしンちのお母さんはメタ認知能力が低いキャラだと思います。

 

自分に不都合があれば十中八九誤魔化すし、みかんとゆずひこを叱るのだって超主観的な理由から叱りつけます。

 

あと、自分の理解できない出来事は基本全部無視するという合わせ技。

 

まぁでも、ある意味それがキャラとしての魅力だし面白さでもあるので、架空の物語上なら成り立つのですが、現実であんな人がそばにいたら周りは振り回されまくって疲弊してしまう。

 

現実にいたら非常に迷惑な人物っすw

 

・ドラえもんのジャイアン

 

ジャイアンもメタ認知という観点から見ると低いですね。

 

気に入らないやつは片っ端からぶっ飛ばすという問題解決の仕方、感情のままに振舞うという姿勢。自分の中で共感できたと思えた相手を勝手に「心の友」扱いしてしまう。

 

総じてジャイアンはメタ認知的ではありません。

 

ただそれでも一つフォローをするのなら、彼はホントは心根の優しいやつなんです。

 

自分の身を挺しても仲間を守ろうとするし、熱い部分もある。個人的にはそんなジャイアンは経営者として成功するタイプじゃないかなーと思ってます。

 

メタ認知能力の高いキャラ

 

・あたしンちのゆずひこ

 

個人的に、あたしンちのゆずひこはメタ認知的な考え方をするなと思います。

 

それが如実に現れるのが、ゆずひこをピックアップした回ね。

 

ゆずひこメインの回って、大体ゆずひこの心の声が聞こえてくるんですけど、その自分の中での会話がメタ認知的なんです。

 

「○○じゃないか?いや違う。だったらこうすればいいんじゃないか?」って感じで、ゆずひこは心の中で仮説を立てて、それを実証しようとする。その辺が何となくメタ認知的だなーと思ってて。

 

厳密にはメタ認知じゃないかもしれないのですが、頭がいいキャラであることは間違いないですね。

 

というか、あたしンちネタが続いてごめんなさい。ちょうど見てたもので。

 

・ ハンターハンターのキルア

 

キルアも厳密にはメタ認知的じゃないかもしれないんですけど、それっぽい考え方をする場面が結構あります。

 

それがよく分かるのが、敵とのバトルシーン。

 

かけひきなしの真っ向勝負で敵を倒すゴンとは対照的にキルアは、敵を策略をもって効率的に倒そうとします。

 

また敵と自分の力量を考慮に入れて「倒せる」と判断した場合のみ戦闘を仕掛けるという戦い方をする。

 

その両方から言えるのは、キルアは極めて俯瞰的な立場から状況判断をするということ。

 

まず感情のまま動くことはないですし、色んな状況や自分の力量を加味した上で決断を下すので、メタ認知的な戦略を取っていると言えるでしょう。

 

 

 

以上がメタ認知というレベルで測ったキャラクターの紹介でした。ここまで書いてきて分かったのは、キャラクターは視聴者に感情移入させる人格みたいなものなので、それを作るうえでメタ認知は邪魔になるのかもしれないということ。

 

確かにメタ認知できる冷静なキャラより、感情をバンバン表に出すキャラの方が見てて面白いですし、頑張れってなりますからね。

 

書いててそれだけは分かった。

 

メタ認知能力の鍛え方

 

この項ではメタ認知能力の鍛え方を説明しますが、これはあくまで僕の考えている鍛え方ですので参考程度に留めておいてください。

 

実際に効果があるかどうかは分かりかねますのでね。

 

文章を書く

 

文章を書くことはメタ認知能力を鍛えるのに最適だと思ってます。

 

それはなぜかというと、文章を書くことは、感情を整理整頓するのに適しているし、相手の視点に立つ必要が出てくるからです。

 

1つずついきましょう。

 

まず文章を書くという作業は、感情を整理するのに最適な手段です。

 

思ったこと、漠然と考えていたこと、モヤモヤしていることを紙か何かに書き出すことで、感情が整理出来て、今まで見えなかったものが明確に見えるようになる。

 

皆さんも例えばチラシでも何でもいいので、とりあえず自分が書きたいことをこれでもかってくらい書き込んでもらえばよく分かると思います。それで言うと、日記なんかはその典型ですし。

 

なぜ感情が整理できるのかというメカニズムを説明していたら長くなるのでここでは割愛しますが、文章を書くことでまず気持ちが整理できるわけです。

 

そして、感情が整理が出来れば自分の内面をモニタリングをしやすくなるというのが、メタ認知能力を鍛えるのに適している理由となる。

 

乱雑な部屋で探し物をするより、整理整頓された部屋の方が探していたものは見つかりやすいですし、どこに何があるのか分かりやすいですよね。これと似ているように感じます。

 

ちなみに、文章を書くとなぜ気持ちが整理できるのかのメカニズムを知りたい方は「ゼロ秒思考」っていう本がおすすめ。

 

 

 

で、二つ目の相手の視点に立つ必要があるというのは、書いたものは必ず誰かが読むから。

 

そうなった時にハチャメチャな内容だと相手に伝わらないわけですから、必然的に相手の視点に立つ必要がある。

 

そして、この時のメカニズムがメタ認知そのものではないかと。

 

要するに、

 

とりあえず書く→「何か変だな。こう書いた方がいいんじゃないか」→書き直す→「読みやすくなったけど、まだちょっとくどいかな」→書き直す→「よしこれなら伝わる」

 

っていう過程が、メタ認知におけるモニタリングとコントロールの関係そのものだと思うのです。

 

だからこれを繰り返すことで、自然とメタ認知能力が鍛えられていくという寸法です。

 

余談ですが、個人的に文章をよく書く人(作家さんとかライターさん)は洞察力が鋭い印象があるのですけど、それはもしかしたらそういう視点を自然と身につけているからなのかなーとふと思いました。

 

とにかく、メタ認知能力を鍛えるのに文章を書くことは最適な手段だと思います。

 

本を読む

 

本を読むこともメタ認知能力を鍛えてくれると思ってます。

 

本を読むと自然と他者の考え方に触れて、視野が広がっていくからです。

 

視野が広がれば自分の位置を正確に理解できるようになるし、偏った考え方に陥りづらくなる。

 

つまり、結果的に正確な知識を活用できるようになったり、正確なモニタリングをしやすくなるのはないかな、と。

 

たくさんの人とコミュケーションを取る

 

これは本を読むのと同じ原理です。

 

たくさんの人とコミュニケーションを取ることで視野が広がって偏りが減ってくるということ。

 

ただ、コミュニケーションを取っていく方がより実践的なのかな?とかは思ったりしますね。

 

何にでも疑問(なぜ)を持つ

 

疑問を持つことはメタ認知能力を高めるのに効果的だと思われます。

 

疑問を持つ、とは俗に言うWhy思考だったりトヨタ式5回のなぜだったりと同様ですが、とにかく何事にも疑問を持ってみることで思考をより深めていくことが可能になります。

 

例えば、経営者になりたい!という漠然とした夢を持っている人がいるとして、その夢自体に疑問を5回ぶつけてみます。

 

1回目:経営者になりたいのはなぜ?→社会貢献がしたいから

 

2回目:社会貢献がしたいのはなぜ?→社会の役に立ちたいから

 

3回目:社会の役に立ちたいのはなぜ?→自分が役に立つ存在だと思われたいから

 

4回目:なぜ役に立つ存在だと思われたいの?→自尊心を満たしたいから

 

5回目:なぜ自尊心を満たすために経営者になるの?→経営者だとやれることが多いし尊敬を集めやすいから

 

ってな具合に、疑問を持って質問を繰り出していくことで物事の本質が明確に見えてくるわけです。

 

で、本質に迫るということは、メタの視点そのもの。

 

まず本質を見極めるためには問題の全体像を俯瞰する必要があるわけで、下位の目的だけに囚われているだけは本質は見えてこない。

 

そこで、疑問(なぜ)をぶつけてみることで上位の目的を見つけるのが有効となる。

 

さっきの経営者の例で言うと、「経営者になりたい!」というのは下位の目的で、なぜを繰り返すことで上位の目的が「自尊心を満たしたい」ということに気付きましたよね。

 

それによって、自分の本当に求めているものが見えてきた。ただ経営者になりたいと細部ばかり見ていたのでは、多分見えてこなかった本質的な部分です。

 

この時の本質に近づくアプローチがメタ認知能力を鍛えます。

 

そして、上位目的が理解できたことにより次は自尊心を満たすのは本当に経営者じゃなきゃダメなのかって問いが生まれてくるわけです。

 

結果的に問題を再定義することができ、よりよい行動へとつなげていくことが可能になるでしょう。

 

メタ認知の課題

概念が完全に確立されていない

 

メタ認知の概念が生み出されたのは1970年代ですが、いまだにその定義や構成要素などが統一されているわけではありませんし、心理学の一つということで、どうしても曖昧さというか不確定要素が多い。

 

またいくつかの専門書を読んだ限り、実践的に使える手法が確立されていない概念でもあります。

 

その辺はメタ認知の課題の一つで、不明瞭な部分が多いと言わざるを得ません。

 

ただ、「 何か知らないけど役に立ちそう」っていう期待値みたいなものは大きく、教育関係者や研究者、引いては一般の人までも関心を寄せているのも事実。

 

今後の研究いかんによっては、大々的に広まっていく概念と言っても過言じゃないと思います。

 

まとめ

 

メタ認知の説明は以上です。

 

メタ認知はまだまだ体系的に確立されていない概念ではありますけど、その潜在的な可能性は分かっていただけたのではないかなーと思います。

 

もしメタ認知能力を高められれば、仕事で他者より抜きんでれたり、効率的な学習を実現出来たり、コミュニケーションがスムーズに取れたりとメリットがたくさんあると思うので、鍛えてみる価値は十二分にあるでしょう。

 

個人的にもこれから注目していきたい概念の一つです。

 

というわけで今回はこの辺で。

 

関連記事

 

メタ認知能力が高い人の特徴6つ - アンダーグラウンドより

 

メタ認知能力が低い人の特徴5つ - アンダーグラウンドより

 

メタ認知を学ぶのにおすすめな本をまとめてみました - アンダーグラウンドより