アンダーグラウンドより

書評・ランキング・オピニオンなど幅広く発信している何でもブログ。

MENU

カラオケで盛り上がるアップテンポなミスチル曲13選

f:id:under-mogura:20180413174813j:plain

ミスチルファンのもぐらです。

 

今回はミスチルの楽曲の中でも、カラオケで歌うと特に盛り上がる曲を皆さんに紹介していきたいと思います。

 

マイナー・メジャーお構いなく紹介!

 

シーソーゲーム~勇敢な恋の歌~

BOLERO

1995年リリースの9thシングル。アルバム「BOLERO」収録曲。

 

シーソーゲームは、ミスチルの中でもTHE定番の盛り上がる曲ですね。

 

全曲の中で最もポップでアップテンポな印象を受けますし、歌ってても乗りやすいリズムだと感じる。

 

個人的には夏に歌ったり聴いたりするのに最適な曲だと思います。

 

先に言っちゃいますが、この曲が1番ミスチルの中で盛り上がる曲です!

 

異論は認めないw

 

everybody goes~秩序のない現代にドロップキック~

everybody goes-

1994年リリース、7thシングル。アルバム「BORELO」収録曲。

 

この曲のテーマは、「シニカルに、そして面白おかしく世間を皮肉った」ものだと個人的には考えています。

 

風刺曲でありながらロックでもある。それにアップテンポ。

 

トータル、カラオケにピッタリな曲と言っても過言ではないでしょう。

 

エソラ

SUPERMARKET FANTASY [通常盤]

2008年リリース。アルバム「SUPERMARKET FANTASY」収録曲。

 

アルバム曲なので、ファン以外にはあまり浸透していない感もあるこの曲。

 

ただ、いい意味でミスチルっぽくなく、クラブコミュージックのような軽やかさと乗りやすさがあります。

 

マイナーということで、大勢の前で歌うというシチュエーションに適していないのが残念なところ。

 

innocent world 

イノセントワールド

1994年リリースの5thシングル。アルバム「Atomic Heart」収録曲。

 

初期の名作です。

 

ミスチルの良さもありつつ、有名。かつ歌うと盛り上がる。

 

カラオケに最適な楽曲です。

 

マシンガンをぶっ放せ

深海

1996年リリースの12thシングル。アルバム「深海」収録曲。

 

ミスチルの中でも過激なロック曲といった感じ。

 

まず歌詞がめちゃくちゃ攻めてるし、リズムもアゲアゲとまではいかないけど、速いし激しめ。

 

だから、ストレスをぶちまけたい!っていう時や、マイナスな感情を文字通りぶっ放したい!って時におススメですね。

 

Marshmallow day

[(an imitation) blood orange](通常盤)

2012年リリース。アルバム「blood orange」収録曲。

 

盛り上がりレベルで言うと「everybody goes」と同程度くらいでしょうか。

 

違うのは、こちらの方が爽やかな印象を受けるということと高音部分が多いということ。

 

僕にとっては正直歌いづらい音階なんですが、高音を出すのに苦労しない人にしてみれば盛り上がるし、歌い心地は良いと思ってます。

 

全体的に爽やかで盛り上がる曲なので、カラオケで是非。

 

こんな風にひどく蒸し暑い日

Sign

2004年リリース。シングル「Sign」収録曲。

 

J‐popらしさは全然なくて、南米とかで流れていそうな曲調。言ってしまえばファンク系音楽です。

 

そんな曲にエロティックな歌詞が組み合わさることで、印象にも耳にも非常に残りやすい仕上がりになっている。

 

単純にカラオケで歌ってもいいだろうし、気分を上げたいときにも使えると思います。

 

ファンクとエロスが同居したミスチルの中でも異色な曲。

 

Prelude

SENSE

2010年リリース。アルバム「SENSE」収録曲。

 

Preludeは僕が勝手に隠れた名曲だと思っている曲です。

 

まぁいい曲なのは間違いないのですが、なぜカラオケにオススメなのかというと、サビにかけての盛り上がり方がいいから。

 

シャウトするまではいかないまでも、サビで一気に盛り上がっていく曲構成が秀逸で、上手く歌い上げれば鳥肌もんだと思います。

 

「棚の上~」って部分。

 

HANABI

HANABI

2008年リリースの33thシングル。アルバム「SUPERMARKET FANTASY」収録曲。

 

ドラマ「コードブルー」で起用され続けている曲なので説明不要だとは思いますが、一応盛り上がる曲という括りなので紹介しときます。

 

で、そんなHANABIはPrelude同様、サビで盛り上がりを見せる曲ですよね。

 

本物の花火みたく、打ち上がっている段階と開花する瞬間というように2分割された分かりやすい構成です。

 

桜井さんがそれを意図して制作したのかは分かりませんが、単純に聴いてて分かりやすいと思います。

 

また、知っている人が多いという観点から言っても気軽に歌える曲です。

 

ロックンロールは生きている

Mr.Children TOUR 2011

2010年リリース。アルバム「SENSE」収録曲。

 

カッコいいし、メッセージ性が強いです。

 

ミスチル×ロックってイメージはあまりないでしょうが、だからこそそういう人に聴いてもらいたい。

 

跳べ

I LOVE U

2005年リリース。アルバム「I LOVE YOU」収録曲。

 

徐々に加速していく疾走感、サビでの解放感、全体的な高揚感。

 

カラオケで歌うと間違いなく盛り上がるね。

 

ランニングハイ

I LOVE U

2005年リリース。アルバム「I LOVE YOU」収録曲。

 

乗りやすいリズムが特徴的な曲で、冒頭の会話形式が何とも言えずいい味を出しています。

 

ある種ぶっ飛んだ曲でもあり、頭を空っぽにして歌ってえると思います。

 

PADDLE

シフクノオト

2004年リリース。アルバム「シフクノオト」収録曲。

 

カラオケで盛り上がるのはもちろんのこと、聴くと前向きになれる管理人イチオシの曲。

 

まず歌詞がいいし、ライブで歌われても盛り上がりますよね。

 

ファンも大好きな曲ではないでしょうか。

 

まとめ

 

ミスチルの中でも出来るだけアップテンポな曲を厳選してみました。

 

カラオケで歌うのも良し。テンションを上げるのも良し。

 

是非皆さんも聴くなり歌うなりして、楽しんでみて下さいね。

 

というわけで以上。