アンダーグラウンドより

地下ブロガーの備忘録。今しか書けないこと・今考え得るベストなことを発信中。

MENU

成功するブロガーに必要な3つの能力

スポンサーリンク

f:id:under-mogura:20180113220400j:plain

どうも。しがないブロガーのもぐらです。
 
今回はブロガーに必要な能力を3つあげるとしたら?と聞かれたら、まぁこの3つは最低限いるよなって思うスキルを発表していく。
 
ただ発表する前に一つだけ忠告しておくと、僕はブロガー歴1年くらいで結果も大して出せてない方のブロガーなので、今回の記事の内容が成功に裏打ちされた情報とは言えない。なので参考になるかどうかは各自で勝手に判断してほしい。
 
では、前置きもそこそこにどうぞ
 

継続力

他のブロガーも事あるごとに説く、継続力の大切さ。
 
そして管理人自身の経験と、数々のブロガーを観察してきた結果から言ってもブログで成功するために継続力が必要なことは疑いようがない。というよりブログなんて継続させてなんぼのツールと言える。
 
そんなこと当たり前だろという声がにわかに聞こえてきそうだが、では何故、それを知っていても早々にブログをリタイアしていく人が後を絶たないのだろうか?
 
これは様々な理由があるだろうが、その理由の一つは結果がすぐに出ないということが挙げられるだろう。
 
それはブログをやればすぐ稼げるようになるだろうと安易に考えて始めた人ほど如実で、その実、現実の厳しさを知ってリタイヤしていく。つまり、このギャップが大きい人ほどブログに失望し、更新することを諦めてしまうのだ。
 
ここで具体的な話をしよう。
 
まず記事を公開したとして、検索にのぼるまでに最低2~3か月はかかる(時事ネタは例外)。これはGoogleのクローラーがwebサイトを巡回するまでの期間で、サイトを評価するまでの空き時間ということ。(クローラーさんも引っ張りだこなんです)
 
これはある程度ブログに携わってきた人間ならだれでも知っていることで、皆すぐには結果が出ないことを承知している。
 
それに比べて始めたばかりの人は当然このことを知らないので、なんで検索に表示されてないの?と困惑するわけだ。これが初心者が挫折する要因の一つであり、僕も最初は大いに焦ったもんだ。
 
だから最低3か月は目に見えた結果が出ないと考えた方がいい。逆に3か月以内にアクセスを集められるやつは、検索というよりソーシャル面でアドバンテージを手にした人か元々手にしていた人たちといえる。焦らずじっくりとがブログの基本的な戦略である。
 
なら3か月待てば、アクセス数はうなぎのぼりになるのだろうか?
 
もちろん、これも否である。なぜなら記事にはそれ相応の質と量が求められているから。
 
ブロガーのレベルは年々上がってきているため、ありきたりな記事や中身の薄い記事ではまず他のサイトに勝てない。
 
隙間を狙えば多少のアクセスは得られるものの、魚群ばりの人は集まってこない。そのためブロガーには質と量の両方を保持したサイト運営が求められている。そして中堅が離脱していく理由はここにある。他サイトとの競争に勝てず、止む無く諦めてしまうのだ。気持ちは痛いほど分かるが・・・
 
以上を踏まえると、ブログを始めたばかりの方や中堅ブロガーは、ブログとはすぐに結果が出るものではなく楽して儲けられるものでもないと考え直した方がいいだろう。過去の自分に1番言ってやりたいものだが、そもそも楽して儲かる商売などない。今一線にいるブロガーも多少なりともこの山を乗り越えて、そこに君臨しているのである。
 
つまりそれを乗り越えてこそ成功が見えてくるのだ。
 
そして大袈裟なことを言うと、ブログとは継続さえできれば半分成功したようなものだと思う。継続するなんてどんなことにしたって基本中の基本ではあるが、同時に成功するための極意だったりする。
 
1万時間の法則にしたって、イチローの逸話にしたって、結局は継続力の大切さを説いているに過ぎないわけで、行きつくのは続けたやつが勝つという結論なのではないだろうか。
 
本気で成功したいと考えているなら、継続することの大切さは最低限心得ておこう。
 

情報活用能力

ブロガーは情報を扱う者のことなので、必然的に情報を活用する能力があった方がいい。
 
ちなみに情報活用能力とは、
情報リテラシー(じょうほうリテラシー、information literacy)とは、情報 (information)と識字 (literacy) を合わせた言葉で、情報を自己の目的に適合するように使用できる能力のことである。「情報活用能力」や「情報活用力」、「情報を使いこなす力」とも表現する。
 
という意味。
 
情報活用能力とは、分解すると、情報を集める力、選ぶ力、編集する力、創造する力、発信する力などの要素から成っている。
 
これをブログ運営に当てはめて考えてみると、
 
情報を集める力=ブログにおけるネタ探し
情報を選ぶ力=集めた情報の中から時代や人々のニーズに合った情報のチョイスする
情報を編集する力=チョイスした情報のどこからどこまでを使って、どこを捨てるのか的確に判断する
情報を創造する力=今までの過程を踏まえて、それについて自分はどう考えどう感じたのかを形にする
情報を発信する力=人に影響を与える情報を開示する。記事公開
 
と、なるだろう。
 
その中でもブロガーにとって情報を選ぶ力は最も重要なスキルだと思うので、みんなどんな情報を欲しがっているのだろう?などと考えながら、ネタ集めをするといいかもしれない。
 
ただ偉そうなこと言っといて、正直僕自身はあまり情報活用能力を意識していない。それは、基本的に自分が書きたいこと・強く思ったことを大切にしているからで、人それぞれ求めているものは違う。
 
大切なのは、目的意識を明確に持つこと。
 

文章力

ブロガーに文章力なんかいらないという意見を時々目にするが、そうは思わない。なぜならどんなブログかを判断するのに、読者に提示されたものが基本的には文章しかないからだ。
 
これは皆さんも読者の立場になってもらえれば分かりやすいが、大抵の読者は記事を読む際、半信半疑で読みにかかる。これは信ずるに値する情報なのか?否か?みたいに。
 
ここで読むに値しないと判断されてしまうと、読者は他のサイトに流れていってしまう。これではGoogleからの評価も下がる(直帰率の増加はサイトの評価を下げるため)し、物販を狙っているブロガーの場合、商品を購入してもらうまでこぎつけないだろう。
 
ゆえに、最低限文章力を身につけてないと他との差別化も図れないし、そもそも最後まで読んでもらえないのである。
 
ブログというツールの性質上、勝負できる表現方法は限られている。そしてその限られた表現方法の中で最もメッセージを伝えられるはずの文章力を磨こうとしないというのは、正直怠慢だと感じる。
 
「いや文章力って言われてもねえ~」とお思いの方も中にはいるだろうが、何も難しいことはない。最低限のこととして読者が読みやすいようにレイアウトを工夫するとか、分かりやすい表現に変えてみるとかやり方はいくらでもあるはずだ。
 
差別化するという意味でもそうだし、読者の視点に立ってみても、文章力が大きな役割を持っていることは言うまでもないだろう。
 
あと付け足すと、文章は活用できるフィールド・裾野が広いので身につけておけば、後々になって必ず役に立つ。
 

まとめると

まとめると、ブロガーに必要なスキルは、

・継続力

・情報活用能力

・文章力

となる。

 

お気づきの方もいるかもしれないが、以上の3つは特別人を選ぶ能力ではない。テクニックと心構え次第でどうにでもなる能力しか紹介していないはず。
 
それはここで才能云々の話をしても意味ないし、ブログは誰でも成果を上げることが出来ると考えているから。
 
成功してないブロガーの話なんか眉唾もの以外の何物でもないだろうが、少なくともブログで成功するのに特別な才能なんかいらないというメッセージだけでも受け取ってもらえたら光栄である。
 
というわけでこの辺で。